年齢を考慮してキャリアを考えよう

IT関連の仕事は大きな将来性があり、他業種からでも転職してチャレンジしてみる価値がある。

しかし転職するなら、出来るだけ早い段階で転職の準備を行う方が望ましい。あまり年齢が高くなると、転職後に仕事が厳しくなることが考えられる。
エンジニアの各職業のうちプログラマーからキャリアをスタートさせる場合、あまり高い年齢で転職すると負担が大きく仕事で不利になる。
プログラマーは頭脳労働であるが、体力が求められる面もある。ソフトウェア開発のプロジェクトの納期が迫りスケジュールが厳しくなると、残業が続いて肉体的、精神的な負担が大きくなり体力が求められる。若いプログラマーであれば耐えられる激務であっても、年齢が高くになってからプログラマーに転職し働くとなると負担の大きさは無視できない。

またプログラマーの仕事の経験を積み将来的にキャリアアップを考える場合でも、いつまでに次のステップへと進出するか、年齢の目標設定を考えた方が良い。
IT業界ではプログラマーは三十代や四十代で限界を感じ、次のキャリアへとステップアップする傾向が強い。そこで年齢には制限があると想定し、何歳までにシステムエンジニアなど次のキャリアへとステップアップするか目標を定めるのが望ましいのだ。年齢で限界が訪れる前にプログラマーからシステムエンジニア、さらにはプロジェクトリーダーなど上位のキャリアアップを果たせば、負担を感じることなく年齢に適した仕事ができるだろう。