目標を設定するメリット

エンジニアが目標を設定するメリットはいくつか考えられる。

まず挙げられるのが技術面の向上だ。
IT業界では技術の移り変わりが激しい傾向にあり、半年や1年といった短い期間のうちに新しい技術に変わってしまうことも多い。そのため新しい技術を追いかけ続けることを求められるだろう。
新しい技術を身に付けることを目標にすることは大変だと感じる人もいるかもしれないが、利益になるとも考えられる。新しい技術を追い続けることによって、最先端の技術を身に付けることができるため、IT業界で働いていく上での助けとなることがあるかもしれないのだ。

次に挙げられるのは交渉術を鍛えることだ。
エンジニアの仕事はシステムの開発だけではない。クライアントから要望を聞きだす役割もあるのだ。このクライアントとの交渉の段階で、どれだけ上手い交渉ができるかという点は重要になってくる。そのため交渉術を鍛えることを目標にし、上手い交渉ができるようになれば自分や開発チームのメンバーにとって仕事がしやすい方向へと運んでいける可能性が高くなるのだ。
このような交渉術は将来的にフリーランスとして活動することを考えている人には大きな財産となる。フリーランスの場合は自分で仕事を取ってこなければならないため、交渉術に長けていれば仕事量を増やすことや単価の高い仕事を請け負えるチャンスが増えるのである。

目標を設定し意識的に行動を起こしていくことで、エンジニアにとって重要な能力が身に付きやすくなる。目標を達成することが苦手な場合は、まず小さな目標を設定すれば良い。目に見える形にし、達成しやすい目標にすることで自ずと身に付きやすい行動を起こしていくことになるだろう。
その他ここで挙げた以外のエンジニアにとってメリットがある目標については〈エンジニアと目標設定〉を参考にしてほしい。