経験を活かすための目標設定

システムエンジニアは企業や官公庁、公共機関などで利用されるシステムの開発やソフトウェアの作成を行う仕事ですが、そこにはさまざまな苦労がある。

多くのシステムやソフトウェアは顧客からの注文を受け開発を行うが、まず最初に顧客からヒアリングを行う。このヒアリングが大変な苦労を伴うもので、顧客は自分の要望を次々に提示してくる。
特に大変なのがITにあまり明るくない顧客からの注文だ。とにかく自分が必要としているシステムについてあれもこれもと要求してくるのでそれを実現可能な形にまとめるのは骨が折れる。また、最終的に満足してもらうためには顧客の要望をなるべく拒否しないようにしつつも、どうしてもできそうにない場合は代替案を出すなどして納得してもらう必要がある。

また実際にシステムやソフトウェアを開発している途中で、やっぱりこうしてほしいといった仕様の変更が発生することもよくある。
変更内容にもよるが、これまで作ってきたものが無駄になってしまうこともあるのでまた作り直しになってしまう。やっと完成したシステムを顧客に納品したらイメージと違うなどと言われてしまい、また修正作業を行うことも珍しくない。

しかしこれらの苦労を乗り越えて顧客に満足してもらえるシステムの開発はとてもやりがいのあるものだ。将来どのようなエンジニアになりたいかという目標設定をしっかりしていればこれらの苦労はよい経験になるはずである。